ChRkXgAUoAAcNWW
今回はタイトル通りキルチャンスに関して解説していきます。
本来取れるはずのキルを逃してしまい、スノーボール出来なかった...等の経験は誰にでもあると思います。
それを自分で気付くことが出来れば良いですが、知識や経験不足で引き出しの数が足りずに気付くことすら出来ない場合、そこから上達することはありません。
というわけで、この記事を読んで知識を得て引き出しの数を増やしましょう!

文字だけでは分かり難いと思うので、動画を参考にしながら触れていきます。
基本キルパターンのQR INに関しては解説しなくて良いと判断した為、触れません(手持ちに動画が無かっただけだったりする)。


RQEコンボ
私のブログや動画等では当たり前となったRQEコンボによるキルです。
RQ関連のコンボだけではなくQRコンボにも共通することですが、ダイアナの一番のダメージ源はパッシブのAA強化です。
ミニオン等でしっかりとスタックを貯めてから仕掛けましょう。
スタックを貯めずに仕掛けキルし損ねた...等無いように。
この動画を見れば分かる通り、ダイアナのダメージスピードは全チャンプの中で最速です。
モーションキャンセルやキャストキャンセルを上手く利用し可能な限り無駄な動きを取り除くことを意識すると良い。


RFP追撃
一度仕掛けた後にミニオン等を利用して再度スタックを貯め、R Flash Passiveで追撃する。
動画内ではRQEで仕掛けているが、勿論QRコンボでも出来ます。
Rだけではダメージが物足りないのでパッシブも利用するのが重要です。
コツはR範囲外で対象をRで指定してからFlashを使用してR範囲内に入ること。
先行入力を利用して最速でFlash Rの順で発動させることが出来れば成功です。
フラッシュのブリンク距離が425、Rのリープ距離が825、射程1250以内の敵に強制的に飛びつくことが出来ます。
エコーのEの長射程バージョンといったところでしょうか(リープとブリンクの順は逆だけども)。
逃げ切ったと油断している相手への不意打ちとして使いましょう。


Lv6先行キル
ダイアナの定番キルパターンですね。
Lv6になる為のミニオンと対象にQを当てミニオンが死ぬと同時に素早くRを習得し、その月光マークを利用して対象をキルします。
その際にパッシブのスタックを貯めておくと尚良し。
ダイアナがまだLv5だからといって油断している相手によく刺さります。
この場面以外でもそうですが、対象がフラッシュを使用してから二度目のRで追撃しましょう。
フラッシュとRの射程差は前述の通りなので、相手がフラッシュを使用したとしても確実に追撃できます。
先にRを使ってしまったせいでダメージが足りずキルし損ねてしまうと非常に勿体無いです。
また、R単発でもダメージが足りる状態でもフラッシュを待てるのならば待ちましょう。
相手に無駄フラッシュを使わせることによって次に繋がります。


DPSキル+ミニオン中継
これもダイアナの定番キルパターンです。
対象に張り付きながら可能な限りモーションキャンセルやキャストキャンセルを行い、AAを一回でも多くすることを意識しましょう。
動画内では対象にAAを6回行っています。
最後のRの後に即座にもう一度AAをすることが出来る為、ダメージは更に伸びます。
RとEを如何に上手く使うかが重要です。
Rの発動回数を増やす為にQのCDを待つということも視野に入れましょう。
動画内では対象に直接Rを使用するのではなく、対象横に居る月光マークが付与されたミニオンを利用して仕掛けています。
その後、対象との距離を詰める為にEを使用し更にスロウを付与してAAの回数を増やしています。
張り付かれることを苦手とするメイジチャンプ等に刺さる戦法です。
ミニオンを中継として利用するのは他の場面でも多い為、覚えておきましょう。


Shop is OP
リコール中で油断している対象をキルします。
俗に言うショップ死ですね。
タワー下のここならば安全と思っている対象に射程1250の強力なリープをお見舞いしましょう。
動画内ではFRQEを使用していますが、QFRでも可能です、
QFRの場合、Flashを先に使うのではなくQを先に詠唱するとFQRよりも速く仕掛けることが出来ます。
QFに関してはアリスターのQFと同じ原理と言えば伝わるでしょうか?
詠唱スキルは詠唱中にフラッシュを使用することによってフラッシュ先で詠唱を終え発動させることが出来ます。
それを利用してダイアナでもQFが出来ます。
咄嗟に行うのは難しい為、プラクティスモードでしっかりと練習してから実戦で使用しましょう。
動画内のようにLv6先行+装備更新をこちらが先に出来ている時にこのようなチャンスが来ます。
相手が帰りたがっているタイミングを意識しましょう。


タワー下キル
スノーボールする為に必須とも言えるキルパターンです。
特にMidをカバーしに来た敵JGをカモれると美味しいです。
敵のJGがMidにカバーしに来る時間というのはMRアイテムを持っていない可能性が非常に高い為、対面をキルするよりも楽な場合が多いです。
Lv差が付いているのも大きいです。
相手は基本的にタワー下に逃げようとしますが、タワー下でのファイトでは逃げ道がありません。
それでも無理に逃げようとすればタワーに大きなダメージを与えることが出来る or そのまま破壊コースまである為、こちらからするとどっちに転んでも美味しいです。
タワーでスタックを為、そのまま近距離でQR INをすれば簡単にキル出来ます。
動画内で私が言っている通り、タワーのアグロは敵チャンプに攻撃しない限り向かない為、堂々としていましょう。
最初はタワー下で堂々とするのは怖いですが、慣れてくると普通のキルよりも楽になります。
相手の逃げれる場所が限られているのは非常に大きいです。


Lv4 EFコンボキル
ダイアナの最初のパワースパイクといえば..."Lv6"と答える人が殆どだと思います。
実は最初のパワースパイクはLv4なのです。
これはそれを活かしたキルパターンです。
ダイアナはLv6になる前からバーストが出るチャンプですが近づく術が無い為、Lv6までキルがし辛いです。
それを動画のようにE Flashで無理矢理接近してダメージを出します。
何故Lv3ではなくLv4なのか...Qのマナコストや対象のヘルスの都合等でLv3でEを習得してもキルまで繋がらない可能性が高いからです。
なので安定してキル出来るLv4にEを習得してキルを狙います。
フルコンボの内容はQEFWPと、EFは前述のQFと同じ原理で使えます。
ダイアナのQが当たる位置に対象を引っ張り無理矢理当て、そのままWPを当てることによって大幅にヘルスを削ることが出来ます。
勿論、パッシブのスタックを意識すること。
ダイアナにLv4でキルされるとは夢にも思っていない相手に刺さります。
動画のようにリコールTPして装備を更新しておくと安定します。


Lv4キル - Tossinスタイル
私が尊敬するKRサーバーのダイアナ使いTossinさんのキルパターンです(最近プレイしていないのが悲しい)。
今までのキルパターンと違うのは、サブルーンに魔導ではなく栄華を採用し、TPではなくイグナイトを採用しています。
背水の陣を活かす為に意図的にヘルスを大幅に削り、敵の重要な攻撃(受けてはいけないCC等)を誘い出しそれを前フラッシュで避けサドンインパクトを発動させ攻撃しイグナイトで止めを刺すという非常にアグレッシブなプレイです。
早めにキルすることによって凱旋を含め圧倒的な差を付けることが出来ます。
敵のJGの関与ひとつでも終わりますし、フラッシュをミスしても終わります。
ハイリスク・ハイリターン戦術です。
彼のプレイは世界でもトップクラスと言えるほどアグレッシブです。
後退のネジを外している武神にお勧めです。


根暗キル
私の配信でよく起きるキルパターンです。
通称"Hi I'm NEKURA"...勝手に名前付けました。
2ndタワー横のブッシュで行うことが非常に多いです。
ミニオンを押し付け、それを処理にしに来る敵をカモります。
タワーを破壊することが出来ても敢えて破壊せずに根暗することも多いです。
確実にタワーを破壊出来るならば+aも得た方が得ですね。
動画内でも私が言っている通り「supが居るから安全」「まさかもう居ないだろ」と油断している敵を執拗なまでに狙いましょう。
キルを得るだけではなく、巻き返そうとファームしようとしている敵をTiltさせることが出来ます。
更に都合良くいけば敵チームの士気を下げることも出来ます。
死んでばかりの味方が居たら萎えますよね?それを相手のチームにしましょう。
対人というものは何でも自分がされて嫌なことを相手にするものです。


特定の相手に刺さるキルパターン
手持ちの動画で参考になりそうなものがいくつかあったので、せっかくなので触れていきます。

◆vs ジリアン、エコー等
見れば分かる通り、対象が抵抗する間も無くキルします。
コツはEのPullの効果の間にWPRを間髪を入れずに決めること。
スキルのモーションキャンセルやキャストキャンセルを最大限に発揮出来るようにプラクティスモードで練習しましょう。

◆vs ゼド
カスタムでの1vs1ですが、ゼド相手に理想の動きが出来ていたので採用しました。
ゼドのR発動後、ゼドが姿を現すと同時に後ろの敵ミニオンを利用して逃げます。
これによってゼドのRが無くなり、その後の事故を防ぐことが出来ます。
動画内ではRQEを使用していますが、QRでも同じことが出来ます。
ダイアナのRのCD解消条件はQの月光マークが付与されている対象にRを当てるではなく、月光マークが付与されている"対象にRを使う"なのでRのダメージが入らなくてもQさえ当たっていればCD解消します。
あとは敵のミニオンの位置を気にするだけで簡単にゼドのRを無駄打ちさせることが出来ます。

◆vs レクサイ
ダイアナのハードカウンターのレクサイの対処方法です。
レクサイが潜っている状態で対象指定のリープ等をすると、物の見事に打ち上げられカウンターされてしまします。
それを防ぐ為にはレクサイに地上に出てきてもらう他ありません。
地上をノコノコと歩いてくれれば楽なのですが、なかなかそうもいかない為、先に打ち上げられてからカウンターするのが理想です。
同等装備程度のダイアナ vs レクサイは先に手を出した方が負けると覚えておきましょう。

◆vs トリンダメア
トリンダメアのR詠唱時間の0.5秒以内にキルしてしまえば良いです。
可能な限り相手を油断させて不意打ちでキルすることをお勧めします。
動画内ではスキルを吐いた後なので待っていますが、スキルがある状態ならば待つ必要も無い為、苦戦することはありません。

◆vs タンクチャンプ
ASアイテム、ガンブレードヴォイドスタッフの三種の神器が揃っていればダイアナはタンクチャンプ相手に圧倒的な性能を誇ります。
パッシブの都合上ダメージリソースが尽きず、回復手段を得たダイアナをタンクチャンプはどうすることも出来ません。
更にそこにデスキャップも加われば更に圧勝出来ます。
可能な限りRのCD解消を狙い対象の重要なスキル等はEでキャンセルしましょう。
あとはパッシブを活かしながら可能な限りAAをするだけでキルすることが出来ます。
キルするまでに多少の時間がかかる為、敵の増援には気を付けましょう。
スプリットプッシュするダイアナを止めに来るのがタンクチャンプの場合、ダイアナにとって理想的な試合展開の可能性が高いです。
集団戦で本領を発揮するタンクチャンプが集団戦で役に立たないダイアナのスプリットを止め
(止めきれない)に来るのはありがたいことです。

◆vs ノクターン
タワー下に引っ張りましょう。



今回はここまで!
かなり長い記事になったのではないでしょうか?
動画投稿+記事作成だったので時間がかかってしまいました。
ネタを含みながらも真面目に解説した良い記事だと自負しています()
冗談はさておき、今回の記事の感想等をコメントでしていただけたら幸いです。
ブログの方向性としてどうでしょうか?今後もこのような記事で良いでしょうか?
皆様のご意見や感想をお待ちしております。
勿論、いつも通り何か要望やら質問等ございましたらコメントにてお願い致します。

本当はもっとキルチャンス、パターン等があるのですが手元に動画が無かった為、今回はこの程度で済ませておきます。
長すぎてもあれですし他のキルチャンスはまたの機会にでも...。


以上!